3/8(金) 新生活応援フェア ダイニングテーブル(製材編)

【ダイニングテーブルワークショップ】

こんにちは、スタッフのりょーこです。
人気のダイニングテーブル、今回は少しいつもと違ったタイプでやります!

いつものテーブルワークショップとの違いは、【古材の柱を製材した材】を使うという点で、仕上がりは綺麗な雰囲気のものになります。
わたしたちが考える古材の魅力は、長い年月が作り上げの色合いや製材の跡、傷なども含めた’’表面の表情’’だけではないと思っています。
今回の仕上がりはまるで新材のようだと思うでしょう。とても綺麗です。
でも、この木はどこかのお家を守っていた柱だったかもしれない。そして、この材を使うことで、新たに木を伐採することなく、材料として生まれ変わるのです。
このように環境にいい、使えば使う程エコである、そんな観点からも古材の魅力を知ってもらいたいなと思うのです。

表面も綺麗なので、いつもの古材の仕上がりより段差などもなく使い勝手はよいと思います◎生活に取り入れやすいテーブルです。

■日時/ 3月8日(金)13:00〜 (約4時間)

※ 時間は大目に見積もっておりますが、それでも少し延びる場合がございます。できればゆとりをもってご参加されることをおすすめします。

■定員/ 各5組
■ 参加費 / 10,000円(税抜)
+材料費 約10,000円〜15,000円程度
(+鉄脚 10,000円)

▶テーブルの脚をお持ちの方、自分で用意しますという方・・・10,000円+材料費で作れます。(約20,000円前後)
▶テーブルの脚もリビセンで購入したい方・・・10,000円+材料費 約20,000円+鉄脚10,000円で作れます。(約30,000円前後)
※鉄脚は写真のテーブルについてあるものと同じものになります。(高さ680mm/カット要相談、低くすることができます。)

■持ち物 / 汚れてもいい格好・インパクトドライバーがある方はお知らせください。

■つくるもの / テーブルの天板を【古材の柱を製材した材】と鉄で作ります。
サイズは基準が【1200㎜×800㎜】。※できれば短手の800㎜は鉄のサイドバーを用意する為、こちらのサイズだと嬉しいです。が、せっかくなので、置きたいお部屋に合うサイズに多少の変更は可能です。(長手の最長が1700㎜まで、短手の最長が900㎜まで)ご相談下さい。
(参考:リビセンのカフェで使用している4人掛けテーブルの天板サイズは約1200mm×800mm)

天板もいろいろな作り方がありますが、今回は、
板を並べて、天板を作り、鉄のフラットバーにかっこいいビスでサイドから留めていきます。

※写真の色味は元の色とほぼかわらない塗料で仕上げてます。もう少し茶色っぽくしたい人は、色付きの塗料を使うことでお好みの色に出来ます。(主に茶系です。)

リビセンワークショップの中でも大型の家具製作です◎
ただやってみると、DIY初心者の方でもゆっくり作業出来ますので、是非トライしてみて下さい。素敵なテーブル作りましょうーーー!!!

■予約方法
以下のstores にてチケットのご購入手続きをお願いします。

お申し込みはこちらから

※こちらでは予約のみ受け付けております。お支払いは当日現地にてお願いします。
※1チケットで1組分のご予約となります。

■注意事項
・キャンセルの場合、ご予約日の前日から100%のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。
・小学生以下のお子様は大人と一緒にご参加下さい。
・ ご家族やご夫婦など、何人かで1つのテーブルを作ることもできます。
・ テーブルが大きいため、製作中、抑えたりする際、1人だと大変な場面もあります。スタッフもお手伝いできますが、2人以上でご参加いただくと作業はスムーズかと思います。
・工具や軍手などはこちらでご用意致しますので、どうぞお気軽に。
・作業中喉が渇くので、飲み物ご持参頂くといいかと思います。
・質問がありましたら、event(a)rebuildingcenter.jpまで。※(a)を@に変えて下さい。

* 配送も承っております。
送料の目安 ▶(天板のみ、脚を外しての梱包)/→東京約¥5000
▶(足付き)/→東京約¥8000
■遠方からお越しの方へ
せっかく諏訪までいくならのんびりしたいなあ、日帰りで帰るのはきついなあ、、、そんな方には
リビセンの近くに素敵なゲストハウスがありますよ!!!
一泊してゆっくり諏訪近辺の観光なんていかがでしょうか◎ちょっと足を伸ばして松本にいくのもいいな!
以下オススメゲストハウスです○

<下諏訪>マスヤゲストハウス
http://masuya-gh.com/

<松本>tabi-shiroたびしろ
http://tabi-shiro.com/